みんなで守ろう!地域の安全

文字サイズ:

ぼうはん日本

全国読売防犯協力会
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
TEL.03-3216-9024 FAX.03-3216-7113
振り込め詐欺
山形県

60歳代女性が約8600万円詐欺被害「裁判回避の弁済供託金」名目

2019年08月

☆2019年8月7日付 読売新聞統合13版・山形☆

○山形県警は6日、裁判を回避する弁済供託金などの名目で、山形県村山地方の60歳代女性が現金約8688万円をだまし取られるうそ電話詐欺の被害に遭ったと発表した。

 個人情報を入手して、ネットバンキングで、被害者本人名義の口座を作り、そこに現金を振り込ませてだまし取るという手口で、県警によると、県内で確認されたのは初めてという。

 発表によると、昨年12月頃、女性のスマートフォンに「有料サイトの未払い金があり裁判になる。回避するには、弁済供託金が必要」「管財人に預けた弁済供託金を、(暗号資産の)ビットコインで返却する」などと、「ムカイ」と名乗る男から、次々に電話があった。

 信用した女性は、運転免許証の写真をメールで送るなどし、今年2月から4月にかけ、指定の口座や、開設された女性名義の口座に、送られてきたキャッシュカードを使うなどして計六十数回にわたり、現金を振り込んだという。

 4月上旬になり、男と連絡が取れなくなった女性が県警に相談。振り込んだ現金がすべて下ろされていることに気付いた。

戻る