みんなで守ろう!地域の安全

文字サイズ:

ぼうはん日本

全国読売防犯協力会
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
TEL.03-3216-9024 FAX.03-3216-7113
成功事例25
山口県

被災地に防犯ブザー2075個 山口のボランティア届ける

東日本大震災被災地の女性や子供を犯罪から守ろうと、防犯ブザーの提供を呼びかけていたボランティアグループ「山口災害救援」(村林理恵子代表、20人)に全国から2075個が寄せられ、メンバーの1人が被災地に届けた。

宇部市出身の医師、秋冨慎司さん(岩手県在住)の呼びかけに山口災害救援が賛同し、4月1日から募っていた。寄せられたブザーは同20日、メンバーの上野道博さん(53)(山口市阿知須)が岩手県庁で秋冨医師に手渡した。

秋冨医師の元には既に約2万5000個が集まっていて、同県などを通じ、避難所の女性や子供に配られた。一部の避難所ではトイレに設置され、気分が悪くなった時に助けを呼ぶ目的でも活用されている。

メンバーの杉本邦夫さん(55)は「被災者を支援したいという真心がたくさん寄せられ、感謝の気持ちでいっぱい。これからも『お互いさま』の気持ちを大切に取り組んでいく」と話している。

山口災害救援では引き続き防犯ブザーを集めており、避難所からの要望が強い化粧水や乳液、洗顔クリーム、発送費に充てる支援金も募っている。

送付先は、〒742・0417岩国市周東町下久原1862の10、杉本邦夫さん。
問い合わせは、杉本さん(080・1932・2934)へ。
戻る