みんなで守ろう!地域の安全

文字サイズ:

ぼうはん日本

全国読売防犯協力会
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
TEL.03-3216-9024 FAX.03-3216-7113
成功事例21
東京都玉川田園調布

第1編の1「防犯パトロール活動」の補足資料

玉川田園調布防犯パトロール隊   代表 前田浩雅
 防犯エンジニアリング 第2編

1.第1編の1「防犯パトロール活動」の補足資料 

蜘蛛の巣のゆらぎ戦法
30センチメッシュの金網を強固に張り巡らす(パトロールの日時・ルート・参加者を予め決めておく方法)よりも 、1メートルメッシュのクモの巣がゆらゆらと揺れている(日時も ルートも自由な気ままなパトロール方法)ほうが効果的です。
ボランティア活動は一回30分位と考え 30分で回れるように5ゾーンに分けました
記入が簡単な記録用紙
この用紙には次の情報が入っています。
1.隊員の氏名・住所などの個人情報
2.パトロールした年・月・日・曜日・時間帯
3.パトロールしたゾーン番号・回数
4.パトロール中に気付いたことや提言ああなどの自由記述

集計・データ加工には赤字の項目だけを使っています。
個人名は公表しません。
自由記述欄もあります。
自由記述欄に書かれた提言などを一つの表に纏めます。
コミュニケーションの活性化のために 防犯パトロールに関係がないことも全て取り上げています。
隊員から提出された記録の数値集計
記録用紙を元に原簿に入力します。
縦軸は曜日 、横軸はゾーン番号⇒時間帯
最初は5時間くらい掛かりましたが今では1時間半で出来るようになりました。
ノウハウの蓄積と家内の協力の賜物です。
原簿を数値化します。
左側にゾーンごとのパトロール数、左下にはパトロール数の総合計
イメージ視認集計
数字があるところを赤く塗りつぶすとパトロール数が数値とボリュームで見られます。
最初の頃は全隊員に配っていました。隊員はこれを見て、出来る範囲で手薄なところをパトロールしていました。
これが2007年9月に放送されたNHK「難問解決ご近所の底力」で紹介されました。
空巣とひったくりの発生情報
所轄の玉川警察暑から前月の空巣とひったくりの発生状況を毎月初めに入手しています。
情報項目を整理し、記入して頂く手間を少なくするために数字のみ記入や○で囲むなどの工夫がしてあります。
外部から情報を得るには、相手に手間を掛けさせない工夫が必要です。
パトロール数と時間帯・ゾーンの関係のグラフ
2005年秋の広島と栃木の小学生女児の誘拐殺人事件を契機に作成を始めました。
8時と15時の登下校時のパトロールの状況を見ることが出来ます。
パトロール回数が少ない時間帯では何時も防犯腕章を着けて下さっている町内のスーパー田園さんが頼りになります。
基礎データが纏めてあるので、必要に応じ色々な分析やグラフが作れます。
全体会議を毎月第二土曜日に開き議事録を作ります。
一週間以内にグラフと共に配布を終えます。
配付はメール配信と手配りが半々で隊員以外の八幡小などに配布します。
情報の迅速な共有化に努めています。
 

戻る