みんなで守ろう!地域の安全

文字サイズ:

ぼうはん日本

全国読売防犯協力会
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
TEL.03-3216-9024 FAX.03-3216-7113
成功事例1
埼玉県春日部市

ワンワンパトロール春日部

愛犬を連れて地域に目を配る隊員たち(春日部市で)

犬を散歩させながら地域を見回る「ワンワンパトロール隊」が各地で結成されている。「パトロール」などと書かれた小旗を犬の引き綱につけて歩き、不審な人物がいないか目を配る。地域を下見する犯罪者に、監視の視線を意識させる効果も狙っている。

春日部市内の愛犬家約500人でつくる「ワンワンパトロール春日部」(満間トシ子代表)が活動を始めたのは2005年11月。それから半年たたない06年4月、隊員の主婦とその愛犬が、泥棒の被害を未然に防ぐ大手柄を立てた。

ある晩、女性が知人の家の前を通りかかった時、犬が突然ほえ出した。「変だなあ」と思って、家に近づくと、裏の塀を乗り越えて、男が逃げていくのが見え た。よく見ると、窓ガラスが割れている。しかし、侵入前に逃げたらしく、幸い家の中は無事。「この犬がほえてくれなかったら、泥棒に荒らされていたとこ ろ」。知人からは大いに感謝されたという。

隊の顧問をつとめるのは、NPO法人「日本ワンワンパトロール協会」の小林二男代表理事。よみうり文化センター春日部で犬のしつけ教室を開いており、隊のメンバー集めに大きな役割を果たした。代表の満間さんも、小林さんに声をかけられて参加した1人だ。

満間さんは、「地域の見回りをしていると、『ワンワンパトロール隊だ!』と、子どもたちが声をかけてくれるのがうれしい」と話す。春日部市内でも、空き巣や自転車盗難、ひったくりなどの被害が後を絶たず、今後もパトロール隊の活躍の機会がありそうだ。

戻る