みんなで守ろう!地域の安全

文字サイズ:

ぼうはん日本

全国読売防犯協力会
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
TEL.03-3216-9024 FAX.03-3216-7113
振り込め詐欺
奈良県

架空請求で5350万円被害 奈良の女性

2018年02月

☆2018年2月9日付/読売新聞大阪朝刊13S版・セ奈良☆
○奈良県警は8日、身に覚えのない資産の差し押さえを巡る訴訟の取り下げ名目で、奈良市内の無職女性(65)が架空請求の被害に遭い、計5350万円をだまし取られたと発表した。県警が詐欺容疑で捜査している。
県警生活安全企画課によると、昨年9月20日、実在しない法務省関連団体「民事訴訟管理センター」から女性宅にはがきが届いた。「連絡なき場合、不動産などを差し押さえる」と記載されており、女性が同団体に連絡したところ、弁護士を名乗る男を紹介された。
電話すると、別の番号を教えられ、男から200万円を請求され、女性は翌21日にコンビニ店4店から、伝えられた決済番号を使い収納代行サービスで計200万円を支払った。その後も請求は続き、同12月21日まで数十回にわたり、同サービスや宅配便で送金を繰り返したという。
女性は今年1月、法務省に問い合わせて被害に気付き、奈良署に届けた。「裁判を起こされる理由はわからなかったが、不安になった」と話しているという。

戻る