みんなで守ろう!地域の安全

文字サイズ:

ぼうはん日本

全国読売防犯協力会
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
TEL.03-3216-9024 FAX.03-3216-7113

子ども

子どもの防犯対策


子どもが犯罪に巻き込まれる事件があとを絶ちません。

  • 2011年3月3日、熊本市の商業施設のトイレで女児(3)が行方不明になり、翌日に河川に注ぐトンネル上の水路で遺体で発見された事件は子どもを持つ保護者らに衝撃と不安を与えました。
  • 2011年9月13日、大分県日出(ひじ)町のスーパー駐車場で、母親が買い物に行っている数分の間に、車に乗せていた女児(2)が所在不明になりました。

情報提供は日出警察署(0977-72-2131)へ

子どもの安全対策には、地域全体(学校・警察・保護者・地域住民)が連携し「子どもを見守る目が欠かせません。


■子どもが巻き込まれやすい犯罪

主な犯罪として「誘拐」「わいせつ行為」「暴行・傷害」「恐喝」などが上げられます。

■子どもが被害に遭いやすい場所として

人通りの少ない通学路や植え込みなどです。その他、見えにくい公園、駐車(輪)場のほか、死角となりやすい高層階住宅の階段、踊り場、エレベーター内、スーパー等のトイレ、屋上なども要注意です。

 

■子どもの安全は地域全体で見守る

○情報の共有

犯罪の前兆事案といわれる「声かけ」「つきまとい」など不審者(車)は、地域全体で情報の共有化を図り、効果的な子どもの見守り活動をしましょう。

 

○見守り活動をしましょう

特に、子どもの登下校時間帯に合わせ、警察・学校・防犯ボランティア、保護士など、地域全体が連携して連続的な見守り活動をしましょう。

地域の人が、1人でも多く子どもに関心を持って、登下校時間帯に買い物や花壇の手入れなど、つとめて外に出ることが子どもを見守る活動につながります。

スーパーや高層住宅の管理者に巡回などの防犯対策の協力要請をしましょう。

継続的な地域の力が犯罪者の最も恐れる「地域の目」「となり、犯罪者を寄せ付けない安全な街につながります。

1人で遊んでいる子どもや、遅くまで遊んでいる子どもには早めに帰宅するように「一声」かけましょう。

 

○子どもの防犯意識を高める

子どもの安全には、普段から「こんな時は、こうする」というパターンを教え、自ら防犯意識を高めさせましょう。

「子ども110番の家」「コンビニエンスストア」「ガソリンスタンド」など、常時人がいて、いざという時に駆け込める場所を子どもと一緒に確認しましょう。

 

近所や通学路に危険箇所がないか、子どもと一緒に歩いて確認をし、なぜ危険なのか具体的に教えましょう(地域安全マップの作成なども効果的です)。

 

危険回避について具体的に教えましょう。
子どもが身に危険を感じたら大声をだして助けを求めることができるように具体的に教えましょう。

 

防犯ブザーや防犯ホッイッスルを効果的に使用できるように訓練をさせましょう。また、あわせて防犯ブザーの性能はどうか、電池切れの有無について随時点検をする習慣をつけさせましょう。

 

■優良防犯ブザーとは

子どもが携帯する防犯ブザーには、性能基準が定められています。その基準は、警察庁と文部科学省、経済産業省、財団法人全国防犯協会連合会、社団法人日本PTA全国協議会及び社団法人電池工業会との協議より設定されています。

○性能基準のおもなもの

  • 音量は、85デシベル(dB)以上とすること
  • 音色は、高い周波数と低い周波数を繰り返す変動周期を持つこと
  • 連続吹鳴時間は、連続して吹鳴した場合、表示音量上の音量で90%以上の音量で20分以上保てること
  • 操作性は、引き紐あるいは押しボタン等の操作は児童が容易に操作できること

○防犯ブザーの音色の一定基準

子どもを犯罪被害から守るためには、周囲の大人が防犯ブザーの音に気付くことが重要です。全国防犯協会連合会のホームページで、防犯ブザーのサンプル音を聞くことができます。

全国防犯協会連合会ホームページ

通学路に「子ども緊急通報装置」設置してある場合は、設置場所の確認と通報要領について随時指導する。

■子ども緊急通報装置について

事件事故など緊急時に直接警察署に簡単に通報できるシステムです。

通報者が通報ボタンを押すと、赤色灯が回転し、緊急通報発生を周囲に知らせます。また、マイクスピーカーを通じて警察署と直接会話ができ、同時にカメラが通報時の様子を警察署に送ります。

 ■非常用ボタンについて

地域によっては、通学路の自転車歩行者道トンネルなどに非常用ボタンが設置しているところがあります。

ボタンを押すと、サイレンが鳴ると同時に警察に通報される仕組みになっています。不審者に備えた防犯訓練をしておくと効果的です。

※通学路や公園などに「子ども緊急通報装置」「非常用ボタン」が設置してある場合には、子供に確認させて通報要領について指導しましょう。


気をつけるべきポイントを列挙しましたので、回覧板に貼付するなどしてご活用ください。(PDF版 緊急防犯チラシはこちら


 ■子どもに関する防犯リーフレット

リーフレットはA3判裏表が1セットとなっていますので、データを印刷して使用されるときは、原則として、A3判裏表を一式そのまま印刷してお使いください。(発行者を明記しない形での印刷用データの印刷・配布は一切禁止します)

イメージの画像をクリックするとPDFがダウンロードできます▼

 
 

●その他防犯リーフレットはこちらから


財団法人インターネット協会では、東京都から「東京こどもネット・ケータイヘルプデスク」を受託し、青少年の抱えるインターネットや携帯電話に関するトラブルの解決に向けた適切な対応を行うため、青少年やその保護者などが気軽に相談できる総合的な窓口として、「東京こどもネット・ケータイヘルプデスク」を開設しました。「東京こどもネット・ケータイヘルプデスク」については財団法人インターネット協会までお問い合わせください。

戻る