みんなで守ろう!地域の安全

文字サイズ:

ぼうはん日本

全国読売防犯協力会
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
TEL.03-3216-9024 FAX.03-3216-7113

香川子ども守り隊~守るんジャー~

活動区域
香川県善通寺市
設立時期
2006年1月
メンバー数
72人 構成員:四国学院大学の学生
代表者名
池田周平
連絡先
090-7898-8804
ホームページ
http://kagawamamo.ame-zaiku.com/index.html

中央には、初代代表が香川県警からいただいた表彰トロフィを手にしています。この輝く蛍光ジャンパーで、これからも地域の安全に努めます。

活動の内容

学校、地域、警察と連携をとりパトロールを行うことで、子どもたちを犯罪や事故から未然に防ぐことが守るんジャーの目的である。

パトロールは児童(善通寺市東部小学校区)の下校時にあわせて週4回行う。月・火・木・金の15時頃から1時間程度。晴れの日は自転車で巡回活動、雨の日は交差点等に立って下校指導を行う。メンバー全体での意思統一のため、週1回の幹部会、月1回の全体会、月1,2回の学校ミーティングを行う。


「いざ出動!」(四国学院大学正門にて)
今日も、黄色ポロシャツ隊が子どもたちの安全のために出動します。さわやかな挨拶をしながら校区を巡回し、地域の安全に努めます。


2007年11月より、第3期幹部を結成し、隊員を取りまとめています。男性紅一点というメンバーのなか、6人で仲良く頑張っています。

 





「守るんジャーパンフレット」

活動を簡単に紹介しています。隊員募集時や地域の皆さんに配布して、活動を知ってもらっています。

  • 子ども守り隊に功労賞 四国学院大生 地域の防犯に貢献 (11年01月)

小学校の通学路での児童見守り活動を続ける四国学院大(善通寺市)の学生ボランティア団体「香川子ども守り隊~守るんジャー~」が、地域の防犯活動に貢献したとして、善通寺署から、通学路安全対策功労の部外功労者表彰を受けた。

香川子ども守り隊は、県内の学生防犯ボランティアの先駆け。2005年頃から全国で、子どもが犠牲になる事件が相次いだことを受け、翌06年に学生有志で結成。善通寺市内の小学校の通学路でパトロールをはじめた。現在も、15人の学生が毎日、下校時に低学年児童に付き添い、自宅まで送り届けている。

隊の代表で同大2年の後藤雄飛さん(20)は「少しずつ認められていることが実感できる。今後は地域の人たちも巻き込んで活動を広げていきたい」と力強く語った。

戻る