みんなで守ろう!地域の安全

文字サイズ:

ぼうはん日本

全国読売防犯協力会
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
TEL.03-3216-9024 FAX.03-3216-7113

こども安全パトロール(岩出市青少年育成市民会議)

活動区域
和歌山県岩出市
設立時期
1988年4月1日
メンバー数
500~700人(登録者数)
代表者名
委員長  岡元 清彦
連絡先
0736-62-2141

 

活動の内容

1 固定配置

  1. 子どもを守るネットワークを構築
    子どもを守るための活動がより効果的に行われ、情報をいち早く伝達できるよう各小学校(6校)毎にネットワークを構築し、パトロール隊に登録願う。
  2. 朝のあいさつ運動
    登校時間帯に通学路に立って児童・生徒に「おはようございます」と声をかけて行う。
  3. 市内放送
    「間もなく岩出市内の小学校が下校します。私たちの安全を守ってください」と児童代表が呼びかける。
  4. 見守り活動
    パトロール隊員が指定された見守りポイントに着き、子どもたちが犯罪や事故に巻き込まれることのないように見守る。

2 流動警戒

  1. 子ども見守りパトロール
    固定配置だけでは警戒が手薄なので、外回りの業務や買い物などに出掛ける際(事前に登録願う)、啓発ボードをつけ下校途中や公園などで遊ぶ子どもを見守る。
  2. 青パトによるパトロール
    青色灯をつけた車両で市内を6グループに分かれて巡回し、子供の安全を見守る。
  3. 街頭指導・街頭補導
    ゲームセンターや大型店・繁華街などへのパトロールを実施し、青少年の非行防止、犯罪被害防止など子どもを守る活動を実施する。
  4. 岩出駅周辺環境浄化パトロール
    駅周辺での清掃、駐輪場の整理、自転車の盗難防止活動、青少年への声掛けなどを行い環境浄化に努める。

3 見守りカメラ

  1. 子ども見守りカメラシステムの運用管理
    通学路等危険箇所に見守りカメラを設置することによって、日頃の防犯パトロール活動の補充として、地域犯罪の抑制と犯罪が起こりにくい環境づくりに取り組む。

メッセージ

近年、子どもの安全・安心が社会的関心を集める中、岩出市子ども安全パトロール隊(岩出市青少年育成市民会議)では、「地域で子どもたちを守り育てよう」という趣旨のもと、さまざまな取り組みを行っております。

  1. 子どもを育てる地域づくりの活動
  2. 家庭の教育力を高めるための支援活動
  3. 意識啓発のための活動
    市民大会・講演会・育成だより・啓発活動・校区別懇談会
  4. こどもを守るための活動(子ども安全パトロール)

等々

次代を担う子ども達は地域の宝です。すくすくと育っていくことが地域住民の願いです。しかし、今子ども達の『育ち』が揺らいでいると心配されています。今こそ、大人が子どもに関心を持ち。他人の子もわが子も区別なく、大人同士の絆を強め、子どもたちを地域ぐるみで育てることが大切だと考えています。

しかし、現実は岩出市に於ける犯罪率は20.21%で県ワースト1、子どもへの声かけ事案も県全体の4分の1を占めています。残念ながら安全、安心なまちとは言えない状況にはあります。このような中、より一層奮起しなければと固く決意しているところです

岩出市青少年育成市民会議
委員長  岡元 清彦

戻る